平成29年度河川大清掃が始まりました

 今年も名古屋市内を流れる堀川、新堀川及び中川運河の河川大清掃が行われています。
(後援)名古屋市,名古屋港管理組合,名古屋木材青壮年会

 

 

 

 


もともと、河川大清掃は、戦後の昭和28年に木材業者を中心に再結成された「大名古屋港河川清掃衛生組合連合会」が、昭和29年から春と秋の年2回、自主的に開始した清掃イベントです。堀川、新堀川及び中川運河の沿岸木材業者延べ150名の協力と船舶4隻を利用し、開始当初は10日間で約300㎥という多量の塵芥を回収しました。
続きを読む

「環境デーなごや2017」に出展しました

平成29年9月16日(土)久屋大通広場にて、「環境デーなごや2017」が開催され、昨年に引き続き、2回目の出展となりました。

「環境デーなごや」とは? 市民・事業者・行政の協働のもと、環境問題についてともに考え、理解や関心を深め、よりよい環境づくりに向けて具体的な行動を実践する「きっかけづくり」の場として、平成12年以降毎年開催している名古屋市最大の環境イベントです。 名古屋市:環境デーなごやの開催(暮らしの情報)

環境クイズ

簡単なクイズを出題しました

 

昨年に引き続き、パネルで清港会の活動報告と、作業の様子を動画で放映しました。また、希望者には簡単な環境クイズを出題しました。

 

 

 

 

 

 

今年は特に、ゴミと死魚が多い年となっており、台風通過後のゴミ回収や死魚大量発生時の回収について展示しました。特に、堀川でイワシの死魚が大量発生したことについては、環境デー直前に、新聞・テレビで報道されたこともあり、知っている方は大勢いましたが、意外と実際の回収事業者のことはみなさんは知りませんでした。

イワシが大量死するのは珍しいことなんです

 

※イワシの死魚について。コノシロ、ボラの死魚は毎年発生しますが、イワシが大量死するのはとてもめずらしいことです。名古屋市はこの日、堀川で初めてイワシの生息を確認したこともあって、そのめずらしさから、清港会にテレビの取材も来ました。

当日、台風18号の影響によりあいにくの天気となりましたが、大勢の方に来ていただきました。みなさん、環境への意識が高く、環境クイズに参加してくださった方からは、環境問題に対してそれぞれの意見を聞くことができ、お互いに環境に対する意識を高め合うことができました。環境デーなごやの目的である、よりより環境に向けて具体的な行動を実践する「きっかけづくり」の場となることができたのではないかと思いました。

 

第6回ごみと水を考える集い

2017年1月22日(日)、名古屋市稲永スポーツセンターにて、第6回ごみと水を考える集いが開催され、本会も参加しました。

【主催団体】
・土岐川・庄内川源流の森委員会
・藤前干潟クリーン大作戦実行委員会
・四日市ウミガメ保存会
・22 世紀奈佐の浜プロジェクト委員会
・NPO法人土岐川・庄内川サポートセンター

 本会は、名古屋港や中川運河、堀川、新堀川の水面清掃を業務としているところですが、その他地域の清掃活動や啓蒙・宣伝活動を行っている団体との交流はありませんでした。そのため、今回、第6回ごみと水を考える集いに参加し、他の団体と交流を深めるとともに、本会の事業活動の啓蒙・宣伝を行なったものです。

 今回の集いでは、常務理事兼事務局長が、特別報告として、名古屋清港会の生い立ちから、清掃範囲、ゴミの種類と年間平均の塵芥量、ゴミの回収方法、近年の死魚の大量発生と、その回収活動について、報告を行いました。
 環境美化の向上について、意識を高めるとともに、交流会として、他の団体・個人の方々と意見交換でき、今後の本会の事業展開の参考となりました。

IMG_re3

IMG_re

IMG_re2

平成28年度 河川大清掃が始まりました

forblog 今年も名古屋市内を流れる堀川、新堀川及び中川運河の河川大清掃が行われています。
(後援)名古屋市,名古屋港管理組合,名古屋木材青壮年会

 

 

 

 

歴史

 

もともと、河川大清掃は、戦後の昭和28年に木材業者を中心に再結成された「大名古屋港河川清掃衛生組合連合会」が、昭和29年から春と秋の年2回、自主的に開始した清掃イベントです。堀川、新堀川及び中川運河の沿岸木材業者延べ150名の協力と船舶4隻を利用し、開始当初は10日間で約300㎥という多量の塵芥を回収しました。
続きを読む

「環境デーなごや2016」に出展しました

平成28年9月17日(土)久屋大通広場にて、「環境デーなごや2016」が開催され、名古屋清港会も出展しました。

「環境デーなごや」とは? 市民・事業者・行政の協働のもと、環境問題についてともに考え、理解や関心を深め、よりよい環境づくりに向けて具体的な行動を実践する「きっかけづくり」の場として、平成12年以降毎年開催している名古屋市最大の環境イベントです。 名古屋市:環境デーなごやの開催(暮らしの情報)

fortopics

 

今回の出展では、名古屋清港会の事業活動の紹介と環境について考えていただくため、啓蒙活動の一環として、パネル展示、死魚回収とゴミ回収作業風景の動画の上映を行うとともに、海や川のゴミや環境に関するクイズを行いました。

fortopics

 

 

パネル展示の内容は、名古屋清港会の紹介、ゴミの種類と回収状況、河川で死魚が大量に発生していることの紹介等です。特に、死魚についての展示は、今年、テレビや新聞で報道されたこともあり、来ていただいた方々の関心を集めました。

 

 


fortopics3

fortopics4海と川のゴミや、環境問題について考えていただくために、希望した方に、海や川のゴミに関する簡単なクイズを出題しました。

 

今回が初めての出展でしたが、200名以上の方が来て下さり、予想よりも多くの方に、名古屋清港会の活動と海や川の環境のことを、お伝えすることができました。来て下さった方の中には、清港会の清掃船を海や川で見たことがあるよ、という方もいらっしゃいましたが、こんな活動があるなんて知らなかったという方も多く、名古屋清港会を皆様にご紹介する、いい機会になったのではないかと思います。

本会理事、職員が海事功労者表彰を受賞しました。

平成28年7月20日、豊橋市西小田原町の「穂の国とよはし芸術劇場」主ホールに於いて「海フェスタ東三河記念式典」(同実行委員会主催)が開催され、本会理事5名及び職員2名が海事功労者表彰を受賞しました。

この海事功労者表彰は、長年にわたり、海上保安庁業務に貢献し、その功績が特に顕著な者を対象に、例年5月の「海の日」に表彰されるもので、今回は、長官表彰を副会長及び職員1名の計2名、第四管区海上保安部長表彰を会長及び副会長並びに理事2名、職員1名の計5名が表彰されました。

IMG_0067 - コピー

今年度、死魚処理数が早くも過去18年で最高の記録となりました

今年度の死魚処理数は、前年度が、約80万匹と過去二番目の死魚処理数となったのに引き続き多く発生しており、4,5,6月の3ヶ月で既に100万匹近い死魚が発生し、過去18年で最高の死魚処理数となりました。

ゴールデンウィークを中心に大量発生し、ゴールデンウィーク期間だけで約37万匹もの死魚を処理しています。主な発生場所は中川運河で、特に閘室・堀止で多くの死魚が発生しました。

KIF_1765

平成28年度 木曽三川連合総合水防演習・広域連携防災訓練に参加しました

平成28年度5月29日(日)、木曽三川連合総合水防演習・広域連携防災訓練に、昨年に引き続き参加しました。
この演習・訓練は、過去に日本を襲った最大級の台風が接近しているという想定のもと、木曽川流域における洪水被害、名古屋港における高潮被害を想定し、複合災害に対して防災関係機関が相互に連携した防災体制の確立を図ることを目的としたものです。

昨年と同様、本会の大型漂流物収集船「そうかい」が中部地方整備局の海洋環境整備船「白龍」と共に、流木等の漂流物の回収訓練を行いました。

 

海上漂着物の回収作業①

海上漂着物の回収作業①

海上漂着物の回収作業②

海上漂着物の回収作業②

 

 

平成27年度下半期(平成27年10月~3月)の名古屋港内及び運河・河川の塵芥量実績等についてご報告します

塵芥量

・清掃作業実績

今年は、上半期の回収量が501㎥、下半期は514㎥と、例年と比較すると約半数ほどとなりました。

・死魚について

下半期は死魚の発生が落ち着き、最終的には例年の2番目の死魚処理量となりました。
no2

今年は死魚の回収に明け暮れました。

 

 

 

死魚回収作業の様子
KIF_1582

続きを読む

河川大清掃が始まりました

ポスター2
 今年も名古屋市内を流れる堀川、新堀川及び中川運河の河川大清掃が行われています。
 (後援)名古屋市,名古屋港管理組合,名古屋木材青壮年会

 

 

 

 

 

 

 

歴史3

 

 もともと、河川大清掃は、戦後の昭和28年に木材業者を中心に再結成された「大名古屋港河川清掃衛生組合連合会」が、昭和29年から春と秋の年2回、自主的に開始した清掃イベントです。
続きを読む