home TOP / 事業内容

目的および事業

設立目的

 名古屋港及びこれに接続する河川において、漂流物及び汚物等の除去並びに投捨の防止に関する事業を行い、もって航行船舶の安全及び港内の美化を図り、あわせて公衆衛生の向上に資する。

主な事業

 本会の目的達成のため、使用船舶4隻を効率的に使用し、名古屋市、東海市、知多市、弥富市及び飛島村地先とこれに接する港湾区域内河川の水面清掃を行うとともに、航行船舶の安全及び港内の美化、水面の汚濁防止及び公衆衛生の向上を図る。

名古屋港地図

会員および役員

(1)会 員

 名古屋港及び港に接続する河川沿岸に居住し、水面を利用する者、または本会の趣旨に賛同する者で構成されております。

(2)役 員

  • 会 長
  • 一名
  • 副会長
  • 3名以内
  • 常務理事
  • 1名
  • 理 事
  • 15名以上20名以内(会長、副会長及び常務理事を含む)
  • 監 事
  • 2名
  • 顧 問
  • 元名古屋清港会会長
  • 参 与
  • 名古屋港管理組合専任副管理者
  • 東海市長
  • 名古屋市環境局長
  • 知多市長
  • 愛知県建設局長
  • 弥富市長
  • 飛島村長

施設

(1)土地および建物

用 途 所在地 面 積 備 考
事務所及び船舶基地 名古屋市港区作倉町1番95号 984.95㎡ 名古屋港管理組合より無償借受
作倉作業基地 名古屋市港区作倉町101番地 991.48㎡   〃  (含護岸敷)
中川作業所 名古屋市港区中川運河南幹線11号地以南 159.48㎡   〃    (土地)
漂流物仮集積所 東海市新宝町25の地先水面 300.00㎡

(2)船 舶

船 名 総トン数 型 式 建造年月 集積能力 備 考
清港丸 19.00㌧ ディスフローター 平成13年3月 20m3 名古屋港管理組合より無償借受
あゆち 14.00 ディスフローター 平成元年10月 12
きよかわ 4.90 曳船兼用清掃船 昭和61年2月 3
そうかい 7.90 大型漂流物収集船 平成24年3月 5
運搬船   無動力船 昭和61年2月 30

(3)起重機

型 式 種 別 設置場所 建造年月 用途 備 考
ジブ・クレーン 2.8トン捲 作倉作業基地 昭和58年1月 塵芥陸揚げ用 名古屋港管理組合より無償借受
デリック・クレーン 1.0トン捲 中川作業所 昭和40年3月

作業内容

(1)清 掃

 清掃作業は、清掃船3隻及び運搬船によって、名古屋港内、堀川、新堀川の各河川及び中川運河の「ごみ」を各清掃船のコンテナーに収容しそれぞれの基地に陸揚げ集積し、専用トラックによって名古屋市指定の処分場に運搬処理しております。
 また秋には延9日間にわたって、河川大清掃を、堀川、新堀川、中川運河の沿岸利用者の協力により、啓蒙宣伝活動も兼ねて恒例的に実施しております。
 なお、原因者不明による流出油について、名古屋海上保安部及び港湾管理者の指導により処理しております。

(2)大型漂流物除去等

 港湾管理者から委託を受け、大型漂流物収集船1隻をもって、土日祝日及び悪天候の日を除く毎日、港内を巡回すると共に、一般からの通報を受けて、漂流物を収集し、所定の海上仮集積所に保管、一定の期間をおいて陸揚げし、指定の業者により処理をしております。