公益社団法人名古屋清港会

 当会は、名古屋港とこれに接続する河川の漂流物等の除去と投げ捨て防止に関する事業を行い、港の美化と航行船舶の安全を図り、公衆衛生の向上に資することを目的としてつくられた公益社団法人です。

TOP > 啓蒙宣伝活動

啓蒙宣伝活動

河川大清掃

目的  航行船舶の安全及び港内の公衆衛生の向上のため、啓蒙活動の一環として河川大清掃を行っています。また、河川大清掃出発式では、名古屋港及び周辺河川流域に在住の住民に対し、「港や川をきれいにしましょう」の横断幕を掲げ公衆衛生の向上を目的としたパンフレット等の配布を行っています。

沿革  河川大清掃は、戦後の昭和28年に木材業者を中心に再結成された水上清掃団体である「大名古屋清掃衛生組合連合会」が、昭和29年から自主的に開始した清掃イベントです。堀川、新堀川及び中川運河の沿岸木材業者延べ150名の協力と船舶4隻を利用し、開始当初は10日間で約300m3という多量の塵芥を回収しました。当初は毎年春と秋に実施していましたが、参加する企業や人員の減少や塵芥量の減少などから平成8年からは秋季のみの実施となりました。しかし、関係各位のご協力及び啓蒙宣伝効果によるものと思われます市民の美化意識の向上によりまして、近年では年毎に期間中の塵芥回収量が減少し、平成27年度の実績は約9m3の回収にとどまりました。今後とも毎年このイベントを実施し、更なる美化意識の向上に寄与していきます。
 ※公益社団法人名古屋清港会では、土日祝日を除く毎日、河川清掃専用船「きよかわ」で、堀川、新堀川及び中川運河の清掃を行っていますが、毎年この時期において、沿岸を利用している木材業者並びに名古屋水上交通組合員の協力を得て一斉清掃を行っているものです。


小学生作業見学会

目的  名古屋港内の美化と公衆衛生のため、名古屋市の「環境学習ウィーク・トライ&アクション」事業の一環として、作倉作業基地において「海のそうじ屋さんを見学」と称した清掃作業見学会を開催しています。航行障害物の投捨の防止、水面の汚濁防止に係わる小学児童の環境意識の向上を図るなど、河川や水面の美化に関する啓蒙宣伝活動を行っています。今年で10回目の開催となります。


その他

(1) みなと祭り開催日にガーデンふ頭周辺の清掃協力並びに、「港や川をきれいにしましょ
    う」の、のぼり旗・横断幕を掲げ啓蒙活動を行っています。

横断幕02 横断幕03

(2) 本会の各清掃船に「港や川をきれいにしましょう」のプレートを常時取付け、港湾利用
   者等に宣伝を行っています。

プレート01

(3) 平成26年10月31日に中川環境事業所所長はじめ、保健委員(22名)の方々がお
   見えになりました。当会の歴史、業務内容、ゴミの回収、処理、生態系への影響などを説
   明し、実際の作業風景を見ていただきました。

見学会01 見学会03

啓蒙宣伝活動へ戻る

TOP

このページの先頭へ

 公益社団法人 名古屋清港会  アクセス  サイトマップ
〒455-0012 名古屋市港区作倉町1番95号  TEL 052-661-9496