home TOP / 啓蒙宣伝活動 / 河川大清掃

河川大清掃

河川大清掃写真

 もともと、河川大清掃は、戦後の昭和28年に木材業者を中心に再結成された「大名古屋港河川清掃衛生組合連合会」が、昭和29年から春と秋の年2回、自主的に開始した清掃イベントです。

河川大清掃写真

 堀川、新堀川及び中川運河の沿岸木材業者延べ150名の協力と船舶4隻を利用し、開始当初は10日間で約300m3という多量の塵芥を回収しました。

白鳥橋付近から御陵橋を望む

 しかし、関係各位のご協力及び啓蒙宣伝効果により市民の皆様の美化意識も向上し、近年では年ごとに塵芥回収量が減少し、開催時期も秋のみとなり、平成30年度の期間中の塵芥回収実績は約9m3にとどまりました。
 今年もこのイベントを実施し、更なる美化意識の向上に寄与していきます。

令和3年度の実施状況については TOPICS令和2年度 河川大清掃が始まりました を御覧ください。